新卒採用支援サービスを受けることのメリットや必要性の解説

現在日本は少子高齢化で新卒の学生の採用が難しくなっています。新卒の学生にとってはとても良い時代だと言えますが、採用する企業にとっては欲しい人材がなかなか募集に応じてくれないという採用する側にとっては厳しい時代だと言えます。今後日本の人口は急速に減っていくことが予想されていますので、採用する側にとって厳しい時代はしばらく続くことになります。また、日本はこれまで新卒を採用し、新人研修を行い、定年まで転職することをなく1社で勤め上げることをモデルとした働き方が推奨されてきたこともあり、企業側としては中途採用ももちろんのことながらやはり新卒の若い社員に会社に入ってきてもらうことを希望している会社はまだまだ多いものです。採用難の時代に選ばれる会社になる為には新卒採用支援サービスを受けることを検討してみましょう。

起業と学生とのマッチングを支援する

新卒採用支援として、まず企業と学生のマッチングが正しく行われることが重要になってきます。起業説明会や大学で行われる会社説明会で学生と面会をして話しをする機会がありますが、限られた機会でその学生が目標としていることや、会社に期待していること、働く上での希望などを聞き出す必要があります。せっかく入社をしてくれたとしても希望と違うという理由で退職されてしまっては元も子もありません。もちろん学生の希望を聞くだけではなく、会社が必要としている学生を探すことも重要になります。新卒採用支援サービスでは、採用のプロが両者の希望を聞きながらマッチングをしてくれますので、企業側の希望も学生の希望も両方を聞きながらも第三者の目で客観的に判断してくれますので、より冷静な判断でマッチングを行うことが出来ます。

就職や採用はゴールではなくスタート

企業側にとっても、学生にとっても採用や就職はゴールではありません。新卒で入社した場合、これから長い社会人生活を送ることになりますので、お互いの良いパートナーとして長く付き合っていくことが目標になってくるはずです。新卒採用支援サービスでは、学生には企業を紹介し、これからのキャリア構成のアドバイスを、企業側には学生採用の際の面接、書類選考や筆記試験などのアドバイスを行ってくれます。学生側にとっては多くの企業の中から1社を最終的に選ぶことになりますし、企業側にとっても多くの学生の中から絞って新卒採用者を決める訳ですので、お互いにベストなマッチングになる事を望むはずです。学生本人が気付いていない本人の才能や強みを採用のプロが見出してくれたり、企業が気付いていない学生にとっての魅力的な部分を第三者の目で見出だしてくれる可能性があるので、利用価値が高いサービスです。