新卒採用支援を受ける際に気をつけたいことなど

各会社においては、優秀な人材を確保する為に、様々な手法を用いて人材を募集しています。ここ数年は、鍾愛高齢化の影響もあり、中途採用に人材確保の手法が偏りがちですが、会社の将来的な経営基盤の確立という観点からは、新卒採用に重点を置かなければなりません。そこで、注目を集めているのが、新卒採用支援に特化したコンサルタントサービスです。このサービスは、人材開発のプロが会社の現状を分析し、その会社に適した採用計画や入社後の育成方法などを提案しています。導入した会社においては「確実に戦力となる新卒の社員が増えた」「募集広告費の削減につながった」などの声が上がっており、確実に採用部門の強化につながっています。ただし、単にコンサルを受ければ良いというものではなく、会社としての考え方を定めておくなどの準備が必要です。

新卒採用支援の具体的な実施内容とは

各会社において、新規採用が募集をかけても集まらない理由の一つに、自社の採用業務について見直されていないことがあげられます。厳密に言うと、中途採用の採用業務が嵩み、見直したくとも、見直せないというのが実情なのです。そこで、採用支援では、自社に必要な人材のスキルを分析し、そういった学生があつまるサイトや媒体を割り出し、効果的な募集広告の出稿を提案するほか、入社後の育成プランや、メンター制度について提案します。これらは、全て、コンサルを行う業者が長年にわたって分析してきたデータに基づくものであり、採用業務のコンサルに特化してきた会社だからこそ提案できるものです。もちろん、提案して終わりというものではなく、提案内容を実践した結果についても分析し、その都度修正することにより、より現場実態に即したものに進化させていくのです。

採用支援を行ける際に気をつけておきたいこと

新卒採用支援を受ける際に、会社が気をつけておかなければならないのが、何でもコンサルにお任せするのではなく、主体はあくまでも自社採用担当者だということです。もちろん、コンサルは様々な知識を持ち合わせ、経験も豊富ですが、自社の社員ではありませんから、全ての事情に精通している訳ではありません。特に、採用計画や選考基準といった、企業の根幹に係るものについては、まずは自社でプランを作成して、採用支援に添削してもらうのが理想的な方法です。コンサルと契約しているのだから、コンサル任せで良いという意見もありますが、それでは会社の個性が消えてしまうのです。魅力的な会社でなければ、誰も入社したいと思いません。したがって、新卒者が入社したいと思えるような会社経営を行うべきであり、採用支援はそのための手法でもあります。