新卒採用支援を受けるにはどうしたらよいかその方法

新卒採用は、まだ人材としての価値が不確かな状態で採用しなければならず、会社にとって適切な方法が分かりにくい分野です。会社として伝統的に行ってきた方法を繰り返すだけでは、これまでの課題を解消することが難しいので、就職についてのプロに支援してもらい、社員だけでは気づかなかった点を指摘してもらいましょう。社内の採用基準は基本的に社外秘であり、外部と話し合う機会があまりないため、新卒採用支援を受けることで、会社全体を改革するきっかけとするべきです。具体的に支援を実施しているのは、広告代理店、システム開発会社、人材紹介会社と多岐にわたっており、自社にとって本当に必要なサービスがあるところを選ぶのが重要となっています。広告によって知名度を上げるだけの支援から、包括的に採用活動の全体をサポートしてくれる支援まで、まさに千差万別です。

会社の活性化として採用計画から支援してもらう

会社の上層部の理解を得られる場合は、新卒採用をする意義の見直しから支援してもらう方法がお勧めです。主に大手の人材紹介会社が行っている新卒採用支援で、独自のノウハウによって、一番のポイントである採用したい人物像の掘り下げから行えます。新卒の正社員採用は会社の事業計画にも大きく関わってくる部分であるため、人事部の社員の一存でどうにかなる範囲ではありませんが、全国的な知名度がある採用のプロから提案してもらえば、比較的スムーズに社長などの役員を納得させられます。採用したい新卒が具体的になることで、その後の会社説明会、書類選考から面接、さらには内定者へのフォローまで一貫した活動にすることが可能です。人材紹介会社のフルサポートを受けることで、せっかく採用した内定者に辞退されてしまう要因も1つずつ潰せます。

人事部の採用活動における支援ツールの導入

実際に採用活動を行う人事部の助けになる新卒採用支援としては、応募者の一括管理ができる支援ツールの導入がお手頃です。フルサポートよりも料金が安価だから社内で承認されやすく、新卒採用担当者の負担を軽減できます。データベースによって管理されていれば、新卒採用の進捗状況が一目瞭然であり、一部の応募者に連絡し忘れていたというミスも防げます。すでに業務改善の情報システムを導入していれば、その一環として新卒採用支援を追加できる場合もあるので、自社のシステムについて再確認してみましょう。オンラインで利用するタイプの支援ツールであれば、月額料金を払うぐらいで利用可能だから、すぐに応募者のスケジュール管理を一元化できます。必要に応じてサービスを受けられる業者を選び、気になっている部分への集中的な補強や、人事部の社員へ研修を受けさせることも、採用支援として有効です。