はじめに新卒採用支援とはなんのことか基本的なことを説明

ここ数年、多くの会社で新規採用枠が埋まらないという悩みを抱えています。また、せっかく採用しても1年以内に離職してしまうなど、若い労働力の確保に四苦八苦しているのが現状です。そこで、不足した労働力を補充するためには、中途採用に頼らざるを得ないのですが、そうすると、年中、採用業務に追われることとなり、本来、行うべき採用担当者の業務ができない状況に陥っているのです。新卒採用支援は、その名の通り、新卒を対象とした募集、採用業務と、入社後の新卒採用者のケアの2本立てで、会社に有益な人材を一人でも多く確保することを目的としています。これまでは、自社内で完結していた業務ですが、より専門的な手法を用いることで、効率的な人材確保が可能であることから、多くの企業で注目されているのです。

採用業務における新卒採用支援の具体的方法

新規採用を雇用するに当たっては、単に学生に対して募集広告を流すのではなく、どういった人材が必要で、どのように育てていくのかを明確にして募集する必要があります。つまり、中長期的な採用計画を立てることで、ターゲットとなる学生が異なるのです。ターゲットとなる学生が明確になれば、募集広告を掲載される媒体等も自ずと絞られてきますから、応募する学生の質も格段に高くなるのです。したがって、採用支援では、その企業の職種、業績、現在の要員事情、今後の成長予測などに応じた採用計画づくりのサポートを行います。また、その企業の欲しい人材に求められる、学力や思考を加味した、選考試験における問題づくりに携わることで、入社時点で一定の水準を満たした人材を確保することとしているのです。

新卒採用支援における具体的な育成方法

採用支援は、採用までがその範囲ではなく、採用後の新卒者のケアが大切になります。1年以内に離職した新卒者の大半が「仕事についていけなかった」「仕事を教えてもらえなかった」ことを退職の理由としています。もちろん、管理者においては、仕事を教えていたにも関わらず、戦力にならなかったという思いもありますが、現代の若者の気質を理解した上で、入社後の育成計画を立てることも大きなポイントです。そこで、採用支援では、現代の若者の気質や、選考の段階で求めていたスキルなどを考慮し、その企業が求める社員に育成するための研修プログラムづくりに携わります。併せて、新入社員が悩み事を相談できる相手を制度的に整えるメンター制度の構築、新卒者を対象としたレクリエーションの企画などを提案し、1日でも早く戦力になるようサポートしていくのです。

採用業務を可視化することで、滞りなくスムーズに採用活動をすることができます。 600社以上の導入実績がございます。 電話でのお問い合わせを受け付けいます。 採用管理の工程を一括管理できる機能になります。 ページ更新はHTMLの知識があるだけで可能です。 合理的な採用を進めることができます。 Indeedから自社サイトに誘導することで応募者を増やします。 新卒採用支援・効率化ならお任せ